オシロスコープなら当サイトにお任せ!

当サイトではオシロスコープを使った測定の手順から、実際に手に入れるための方法まで、幅広い情報を公開しています。
本格的に電気を取り扱うのであればなくてはならない上に、活躍できる場面も多いので、必要とする人は多いでしょう。
手に入れてから使うまでの色々なことを知りたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。
自作できるかどうかにまで触れているため、より専門的な知識を求める人の希望にも応えられるかもしれません。

オシロスコープの周波数と周期の測定方法

オシロスコープの周波数と周期の測定方法 オシロスコープは横軸に時間で縦軸に電圧を用いた表示の中で、波状になった曲線が描かれるのが基本です。
そして周波数と周期を測定する場合はその横軸の時間に着目し、基本的には10マスに分かれた表示を元にします。
オシロスコープに表示される波は規則性があり、通常は上下にそれぞれ1回ずつ触れて元の位置に戻る形です。
その同じ場所に戻ってくるまでが1周期で、時間の長さをマス目から確認します。
それに対して周波数は、まず時間の範囲が決まっています。
単位としてはHzを使用しますが、これは1秒間にどれだけの周期があったかを示します。
そのためマス目から1秒間の長さを把握しておいて、その範囲内で上下が何回繰り返されるかを数えます。

オシロスコープの周波数と周期の測定方法

オシロスコープの周波数と周期の測定方法 オシロスコープは電気信号を読み取る機械で、基本的にはディスプレイが付いています。
そのディスプレイを介することで、人の目でも電気信号を確認できるようになる道具です。
ディスプレイにはオシロスコープに入ってきた電気信号が波状で表示され、その縦軸は電圧で横軸が時間を表すのが基本です。
したがって時間の経過に合わせて、どれくらいの強さの電圧で信号が送られてきたのかを把握することになります。
オシロスコープにはインプット端子が用意されているので、そこに測定したいものとケーブルで接続します。
そして自動機能が付いているものであれば、送られた信号を最適な形で表示してくれるはずです。
また測定結果の表示は必ず固定されるのではなく、使用者側の必要に応じてある程度カスタマイズすることができます。
比較的簡単なものであれば表示されるメモリ幅に相当する数値を変更させて、表示されるグラフの線そのものの大きさを相対的に変えたり、時間軸を移動させるといった内容です。
オシロスコープには複数の端子を用いて複数の信号を取り入れられるものもありますが、そのような機能を使うと基準点を合わせた比較も容易になります。
その他にも波形そのものの形を変えたり、一定の基準を超えると測定するといった機能があります。

オシロスコープは電気の波形・高速現象・過渡現象などを解析する装置です

オシロスコープ(oscilloscope)というのは、スクリーンに電気的な振動を表示する装置のことです。これはオシログラフの一種であり、電位の周期的な変化を波形として画面上に表わす構造です。画面の垂直軸は電圧を、水平軸は時間を表しており、周期的な信号の表示に適しています。電気計測の様々な分野で活用されているのが特徴で、波形の分析、高速現象・過渡現象の解析などが行われます。古いタイプが「アナログオシロスコープ」で、これに変わって現在では「デジタルオシロスコープ」が主流となっています。「アナログ」より低価格でありながら、広帯域の信号測定ができ、複雑な信号処理も可能です。デジタル変換して入力信号を処理し、画面に表示するのが一般的な機能です。表示部はLCDのフラットパネルが主流で、蓄積機能も標準化しています。初期のDSOに用いられたのはブラウン管ですが、「デジタルオシロスコープ」のDSOに内蔵されている信号解析ソフトは、多くの有用な時間軸関係の機能を持っています。そして多くのパラメータをこれを必要とする電気通信やパワーエレクトロニクスなどの技術者に表示する装置です。

オシロスコープを利用するときに見られるパルス波形

オシロスコープを利用すれば電気的な振動を観察することができますが、その際には滅多に発生しない形の波が見られることがあります。パルス波形もオシロスコープを利用するときに稀に見られるものであり、主に電源スイッチをオンにしてすぐにオフにしたときに見えることが多いと言えます。急激な電圧の変化が原因で発生することが多いものです。コンピュータ回路内を移動する1ビットの情報であることが多いですが、回路内の欠陥である可能性も知っておく必要があります。オシロスコープで得られた情報を分析する際に知っておかなければならない波形の1つであり、どういった原因で発生し、何を示しているのか把握した上で分析を行うことが大事です。たくさん連続している場合は、パルス列という列を形成することもあり、単体とは違った分析を行うことができます。奥が深いものなので、オシロスコープを利用する前には、この波形についても十分理解を深めておきましょう。

オシロスコープの本来の精度を発揮するためのポイント

オシロスコープ本来の精度を破棄させるためには、電源ケーブルのプラグ部分の形状をして、3つのピンがあるコンセントに差し込むことが一つのポイントです。それは世界各国で定められた安全基準を満たしているのは、購入時に付属でついてくる電源ケーブルを含めたオシロスコープだけだからです。正しいコンセントに差し込むことで、本来の機能が発揮され正しく測定ができるということです。 それと、電源を入れてから完全に立ち上がるまでには20分程度の時間がかかります。そのため20分よりも前に使えば、まだ準備ができていない状態で使うことになるので正しい計測ができません。 電源を入れてから20分が経過しても、さらに2店の注意点があります。その1つは、フロンとパネルに記載されている最大入力電圧以内で測定をすることです。そして2点目は、オシロスコープは測定される信号の3倍の周波数帯域を必要とするので、被測定信号がオシロスコープの3分の1以下の周波数帯域であることを確認してから使用をすることです。

オシロスコープは見方を理解すれば簡単に使える

オシロスコープなんて普段の生活で使うようなものではありません。巣ごもり生活が長くなり、家でできる電子工作を始めたというときには、あるととても便利なツールになります。いろいろとボタンが付いていてとくわからないと敬遠してしまう人も少なくありません。でも見方さえ分かれば簡単につかうことができます。 オシロスコープは電流の流れを時間軸で示した波形を表示するものです。縦軸が電圧で、横軸が単位時間となります。コンセントに流れている電源は、時間で正負が入れ替わる交流です。波形は正弦波という放物線の連なりで示されます。直流なら時間に関係なく一定の高さで直線になります。電子機器を制御しているときには、この波形がのこぎり型になったり、矩形になったりと変化します。つまりあるトリガーで電圧が上がるような制御をしていたら、それがその立ち上がりを形として見ることができます。この高さが足りなければ電圧不足だし、まったくないようなら動作不良となって修理が必要です。

電子計測器についてはコチラもチェック

電子計測器にはもっと活用法がある